くどちんのリハビリ室 ~理学療法士による関節痛のケアブログ~

#1 魔女トレ:関節痛でお悩みの方・運動に携わる方全てにオススメの一冊

書籍

こんにちは、くどちんです。
今回ご紹介する一冊は「一読の価値あり」そして「実践の価値大アリ」な一冊です。

書籍に書いてある事を僕のフィルターを通して現場で活用させて頂いています!
(本当は直接ご指導を頂きたいです!笑)

それでも、腰痛が緩和したり、しゃがめなかった方が簡単にしゃがめるようになったり、片脚立ちのバランスが良くなったりとか、老若男女問わずさまざまな反応が出ています!

読んでいる最中に、Twitterでも度々紹介するほどの激しい共感と効果を実感しました。

今回は「魔女トレ〜足元にある、動きの「素」〜」をご紹介します。

タイトルにもありますが、現役理学療法士として「関節痛をお持ちの全ての方」にオススメです!

では、参ります。

概要:クラシックバレエを背景に持つ著者による「ボディワーク」

本書籍の著者は、クラシックバレエを背景に持っている方です。
「バレエの世界では常識だった事が、スポーツの世界では違った」というところで、アスリートを中心に「魔女トレ」が広がったそう。

今では全国でセミナーを行い、様々な背景を持つ方が参加しているそうです(北海道に来たら僕もぜひ行きたい!笑)。

そんな全国的な広がりを見せ、アスリートからの信頼を得ている『魔女トレ』「考え方」から「身体の見方」「実践的なワーク」が収録されているのがこの一冊となります。

なぜ購入しようと思ったのか?

結論を先に言いますと2つあります。

  1. 『足元』に注目したアプローチに関する書籍に(自分が)今まで出会った事がなかったから
  2. 「バレエを背景に持つ方が提供するボディワークってどんなものだろう!」ということに非常に興味があったから

ここ最近、社会状況や家庭の事情により、外に出てセミナーに参加する事が難しい状況でした。

いつもリハビリの中で提供する内容がワンパターンになりつつある状況で、「これではダメだ」と新しいワークを求めていました。

そう思いながらamazonをサーフィンする中で発見したのがこの一冊でした!

初めは、表紙をみて「インフルエンサーによるダイエット本かな?」なんて思いましたが、よーく見ると「足元にある、動きの『素』」というワードが。

動作の中で「足指」を含む「足元」はとても重要で、臨床現場でも必ずチェックしていた、僕の考えと完全に一致したため、その一文を読んで瞬間に「ポチっと」してしまいました。

まさかバレエの方と、身体や動きに対する考え方が一致するとは思ってもいませんでした。

これが購入するきっかけです。

読んでみた感想:共感しまくりの理論と効果の出るワーク満載で大当たり!

表紙にある言葉に惹かれて購入したわけですが、実際に読んでみても「これは大当たり」と思える内容でした。

「身体や動きに関する考え方・見方に関して共感できる部分が多すぎる!」という点と「シンプルな方法だけどここまで変化が出るのはすごい!」(なんで今まで見落としていたんだー!)というのが感想です笑。

もう少し説明しますね。

『足元』は全身に影響に与える「重要な場所」という点に激しく共感

著書内に書かれている「魔女トレ」の理論は本当に共感できる部分が多いんです。
例えば「足の裏は感覚器である」ということ、そして足指が機能することによって、全身の動きが変わること。

どれも、僕自身も体感していることですし、日頃からリハビリの中で患者さんに伝えていることです。

このように、普段意識されない「足指」に神経が通っていない事が多い。
故に、足指へ神経を通わせる事で誰でもパフォーマンスは上がる!という事をツイートでも何度もお伝えしていました。

全て「魔女トレ」に書いてあることに激しく共感した勢いでツイートしてしまいました笑

どうしても、現代では動きは各関節でバラバラに語られる事が多いんですよね。
肩が痛ければ、肩関節の動きが悪くなっている、膝が痛ければ、膝で異常な動きが起きていると。

でも、人間の動きはそうじゃないんですよ。
全て「連動」しているんです。

局所にトラブルが起きている時は、どこか違う場所で動きの「ぎこちなさ」が生じているんです。
それが「足元」から起きているケースが多々あります。

この著書に書かれている「魔女トレの理論」という部分でも近いお話をされています。
ここでお話しされている内容は、現在痛みを抱えている方だけでなく、指導者も一度は頭にインストールしておくべきだと僕は思います。

もはや運動に携わる方は「必須」ですね。

「意識」が大事。シンプルなワークでも身体は変わる!

こちらのツイートをご覧ください。

著書内で紹介されているワークは、シンプルかつ「効果の高い」内容が多いです。
僕自身も「なぜこのワークを思いつかなかったんだ・・・」とちょっぴり落ち込むくらいシンプルでした。

おそらくほとんどの方が、この著書内で書かれているワークの実践で身体に変化が出ると思います。
というのも、僕の臨床経験上、足指に関して感覚が鋭い、動きが良い方にほとんど出会った事がないからです。

僕も含めてそのような方に複雑なワークは不要。
シンプルなワークでも十分に変化が出るんです。

事実、現場でも活用させて頂いておりますが、ほぼ全ての方で変化が出ています。
これ以上は良さを語る必要はないですね。あとは実際に手に取り自分の身体で感じてみてください。

関節痛やスポーツ選手、スポーツに関わる方は一読の価値アリです

以上が「魔女トレ〜足元にある、動きの「素」〜」の感想です。
何度も言いますが「全ての人にオススメする一冊」です。

きっと書籍では書ききれないこと、伝えきれないことがあるはず。
なので、もしチャンスがあれば実際にセミナーを受講したいと思っています。

こんな行動を起こさせるほどの衝撃がありました。

正直に言うと、もちろん中には「これはちょっと感覚的な話で書籍だけだと理解が難しいな〜」という内容もありました。
また「これは専門家である僕だから理解できるのかも」という思う話も中にはありました。

そういった部分を差し引いても、一読の価値はある一冊です。

もし少しでもご興味があれば、ぜひ手に取ってみてください。
手に取り本を読みながら「足指のことを意識するだけ」でも身体に変化が起こります。

だって今まで意識した事がないんですから。

今回のお話しは以上です。

ありがとうございました!