くどちんのリハビリ室 ~理学療法士による関節痛のケアブログ~

足半を履いて感じた4つの効果【柔軟性向上・姿勢や歩き方の変化・足の血流アップ】

トレーニング・ケアツール 腰の痛み 膝の痛み

  • 足の冷えやむくみが辛い!何か簡単な解消はないかな?
  • 姿勢が悪いのが気になる。常に気にするのは無理。無意識で姿勢を良くできる方法なんてないよね?
  • 歩いていると膝または腰が痛い。歩き方を意識するけどなかなか続かない。何か良い方法はない?

こんなお悩みを解決するかもしれないのが「足半(あしなか)」です。
足半とは、古来より日本人が日常的に使用していた履き物で、草履が半分になったような形をしている履き物のことです。

この度、9月より毎日家で足半を履いてみたので、そこで感じた効果をお話ししたいと思います!
先に結論を言いますと「足のむくみ・冷え、関節痛、姿勢が気になる方にめちゃめちゃオススメです!!」

本記事の内容

足半を履いて感じた4つの効果【柔軟性↑・姿勢や歩き方の変化・足の血流↑】

僕が「足半」を履いて生活して実感した効果は以下の4つです。

  1. 体幹に自然と力が入り全身の柔軟性が向上
  2. 足の着き方が変わり歩きが理想的になる!
  3. 反り腰の姿勢が若干変化
  4. 脚の血流が改善!足がぽかぽか

ちなみに、仕事や外出している時以外、基本的に家にいるときは足半を履いて生活していました。
いや、本当に体が変わるんですよ。

「履くだけ」です。
そのため「家の中で普段通り生活しつつも身体を変えたい!」という方には購入をオススメしますね。

では、次から僕が感じた効果を具体的に解説していきますね。

コアの活性化!全身の柔軟性向上!

足半は、その形から前足部(足の前半分)に体重がかかり、かつ足の指が足半の靴底をホールドするように力が入るため、自然とコア(体幹)に力が入ります。

ヒトの身体は、コアが安定すると、手足の不要な力みが抜ける仕組みになっています。
つまり、コアに力が入ると身体が柔軟になるということです。

百聞は一見にしかずですね。
こちらの画像は、僕が「裸足」「サンダル(海外ブランド)」「足半」でそれぞれ前屈・後屈をした時の比較画像です。

サンダルと比較した頂くと、明らかに柔軟性が変わっているのがわかりますよね?
このように、足半を履くとコアが活性化し体幹が安定するため、柔軟性が上がり、運動のパフォーマンスが向上したのです!

ぜひ、これはあなたにも体験して頂きたい!瞬時に変わる全身の緊張感はもやは不思議現象です。

理学療法士目線でお話しすると、身体の硬さは腰痛などの関節痛や身体の不調に繋がる事があります。足半で全身の柔軟性が向上できれば、関節痛や身体の不調の軽減が期待できます!

「履いているだけで関節痛や身体の不調の軽減ができる」というのはなかなかの優れものですよね。

歩きが理想的になり安定する【特に膝痛の方にオススメ】

足半はかかとがないため、靴を履いて歩く時と比較すると歩き方が変わります!
歩くと膝が痛い!という方には特ににオススメです!

どういうことか解説します。
まずはこの2つの動画を「膝の角度」に注目してご覧ください。最初は膝が痛い人が裸足で歩いた時の歩き方です。

続いて2つ目は足半を履いた時の歩き方です。

足が地面に着く時の膝の角度は「ほぼ」真っ直ぐが理想です。
では、比較してみましょう!

足半を履いている方が膝の角度がほぼ真っ直ぐであることがわかります。
脚全体をほぼ「棒」のようにして歩く足半の歩き方は、余計な筋肉を使わないため、疲れにくくかつ非常に安定する歩き方です

膝を痛める方は「かかと重心」の方が多いのですが、かかと重心だとかかとに対して膝がかなり前方にあるので、膝が不安定になり、結果として膝に負担がかかります。

ゆえに「歩くと膝が痛い」のです。

このように脚に負担のかからない歩き方に変わるため、足半は特に膝痛の方にはオススメです!
ただ歩き方が今までとは異なるので、初めは違和感があるかもしれませんね。

そこは「慣れ」ですね。

もちろん立ち仕事の方にもオススメです♪
立った時の重心が変わり、体幹が安定し楽に立てるので、きっといつもと疲れ方が変わるはずですよ!

【かかと重心の方に朗報】姿勢が変わる!?

まず立ち上がって、足の裏の体重のかかり具合をチェックしましょう。
①つま先寄り、②かかと寄り、③真ん中のうちどれですか?

もし②かかと寄りの場合は、足半を履くと良い姿勢が変わるかもしれません。

姿勢は様々な要因が重なって決まるものですので、足半を履くだけでは変わらないケースも全然想定できますが、変わるきっかけにはなるかと思います。

例えば「猫背」は、かかと重心、つまり後方重心のバランスを取るために背中を丸めて顔を前に出す姿勢をとってケースがあります。

この場合は、重心を真ん中に戻すことで顔を前に出す必要がなくなるので猫背が修正される可能性があります。

また、反り腰でかかと重心になっているケースも、足半で重心を修正することで改善することが期待できるかもしれません。
僕は反り腰なのですが、足半を履くとこんな感じで微妙に変わります。

1ヶ月履いてるので身体が変わってしまってるので変化量が少なくわかりにくいですが、着実に足半を履いた時の姿勢に近づいています。

ちなみに、姿勢は、精神状態に影響を与えると言われています(もちろんその逆も然り)。
これは僕の体感ですが、上体が起きて、胸がグッと引き上がるととどこか「自信」が生まれてくるんですね。

何に対する自信かは謎ですが、とにかく気分が前向きになるんですよ!
そんな経験から、落ち込み気味な気持ちを変えたい!自信を持ちたい!という場合にも足半が良いかもしれません♪

【足のむくみ・冷えでお悩みの方にオススメ!】足元の血流が促進!足がぽかぽかに

これは、本当にすごいと思っています。
足半を履くだけで、時間が経つと足元がぽかぽかしてくるんですよ!!

おそらく、鼻緒や足半の形の影響で足指の感覚が促通されることが要因だと考えています。
感覚、つまり神経が促通された部分は血流も促進されるので、そういった理由で暖かくなるのでしょう。

これは、足の冷えやむくみにお悩みの方には持ってこいです。
足元が冷える原因の1つは「足指」の筋肉がしっかり働いていない事も挙げられます。

足指の筋肉が使われていない→足指の感覚が落ちる→血流が抑制される→冷える、という構図で足元が冷えるんですね。
足半はその問題を解消してくれます。しかも履くだけで。

僕の体感だと足半を装着して数分もちょろちょろしていたら、足がぽかぽかしてきます(※もちろん個人差あり)。
夏場だと暑くて外したくなるくらいで、秋冬だとちょうど良いかなっていう印象です。

身体の内側から熱を作り出すというのは、しっかり運動をしないと難しいのですが、足半に関しては「履いて生活するだけ」ですので、かなり「楽」です。

足の冷えやむくみが氣になる方は、ぜひご検討ください!!


以上が、僕が実際に1ヶ月履いて感じた効果です。

全ての画像は足半を履き始めて1ヶ月経過した時点で撮影しているんですが、正直に言うと「履き始めの方が、足半を履いた時との差が大きかったので、その時に撮影しておけばよかったです。

つまり1ヶ月家の中で「履くだけ」で身体が変わったということ。
この事実を踏まえても、購入する価値は十分にある商品だと自信を持ってオススメできます!

そもそも。元々が日本人用の履き物なので「全然合わない!」という事はあまりないんじゃないかな?と思いますよ。

【デメリット】良質なものだけど、購入をためらうかもしれない4つの理由

さて、ここまでお話を聞いて「なんか良いのはわかったけど、本当にそんなにメリットばかりなの?」と感じたかと思います。

もちろんデメリットはあります。
あなたに購入をオススメするにあたって「これはデメリットだな」と感じたものがこの4つです。

  1. 値段が高い
  2. 販売されてるものの中には正しい形ではないものがある
  3. 履き始めは足指が痛く、慣れるのに少し時間がかかる
  4. 歩き方にも慣れが必要

1つずつ正直にお伝えしますね。

①値段が高い

まず1つ目は「値段が高い」ということ。
アマゾンで「足半」と検索するとこのように出てきます。


続いて楽天です。

安くても3000円台とまぁまぁお値段がするんですよ。
なので「気軽にポチッと購入してみてください♪」とは言えないです。

また、今回の話は僕が使ってみたら「身体が変わった!」というだけで万人の身体も変わるか?と言われると「絶対あなたも変わります!」とは言えません。

ここが購入を迷う一番のネックですよね。
「自分に合うのだろうか?」って心配になりますもんね。

サンプル採集のため、周りの方に試してもらおうと考えましたが、裸足で履くものなので気軽に「ちょっと履いてみて!」とは言いづらい。そのため、サンプルがなかなか取れなかったんです。。

だから、他の人が履くとどう感じるのだろう・・・というのが正直な話。

なので無理には購入しないようにお願いします!!!
「何も変わらなかったぞー!」となったら僕も責任取れないので・・・。

僕のようにマニアックな方なら良いかもですが笑。

②販売されてる物の中には正しい形ではないものがある

これも大きなデメリットです。
足半は足の指が足半からはみ出ている必要があるんですが、中には(特に値段が安いもの)足指が出ていないものがあるんですよ。

これでは、足指への刺激が減るので、僕が感じたメリットは十分に得られないかもしれません。
せっかく買ったのに足半「もどき」を買わされては困ると思いますので、僕が購入したものを参考程度にご紹介しますね。

【購入を検討の方はご参考にして下さい】ちなみに僕が購入した足半はこちら

この足半はしっかり足指が効くような「本来の形」になっています。
加えて、室内履き用なので、洗濯ネットに入れて洗濯もできるので衛生的にもOK!

サイズは「男女兼用」となってるだけあって、フリーのようです。
普段26cmの靴を履く僕も、22.5cmの靴を履く奥さんも全然問題なく履けました!

親切にも簡単な説明書が同封されていたので、使い方・ケアに関しても安心です。


色もたくさん種類があるので、ご購入の際はお好みのものを選んでください♪

いくつもの足半を試した訳ではないので、どれが最適!とは言えませんが、とりあえず僕が購入したこの足半はちゃんとしたものである事は間違いありません!!

③履き始めは足指が痛く、慣れるのに少し時間がかかる

これは奥さんも言っていた事なのですが、履き初めは足の指が痛いんですね。
これは同封されていた説明書きにも書いてありました。

最初は痛いと感じる人が多いようで、5分程度から始めるのが良いそうです。

外反母趾がある方は、そもそも足指に体重をかけるような身体の使い方ではないので、もしかしたら慣れるのに少し時間がかかるかもしれません。

ただ、慣れてしまえば全く問題ありません。
僕は家にいる時は基本的にいつも履いていて、1ヶ月経つ今は何も感じません。

④歩き方にも慣れが必要

足半を履くと歩き方が全く変わります。
世間一般では「かかとから地面に着いて足の指で地面を蹴って前に進む」と言われていますが、足半を履いた時の歩き方は全然違います

「全然」はちょっと言いすぎましたが、足半ではかかとと前足部(足の前半分)はほぼ同時に着地して歩きます。
そのため最初は違和感満載です。

でも、その歩き方が身体に負担のない効率的な歩きを実現してくれているのです!

人の身体は適応能力が高いので、これも最初の段階だけで、おそらくすぐに慣れるかと思います!
むしろ、昔の日本人はこのように歩いていたわけで、西洋生まれの「靴」の歩き方の方が不自然なのかもしれません。


さて、デメリットも全てお話しました!もう話すべき事はないですよ!
もしデメリットの話を聞いて「そんなものか」と思えたならば購入してみても良いかもしれません。

少し値段は高いですが「履くだけ」で今までの悩みが解消されるとなれば、安いと考えることもできます。
もちろん無理は禁物ですけどね。

【まとめ】履くだけで身体を変える事ができる足半は「全日本人」にオススメ!

では最後に今までお話ししてきたメリットとデメリットについてまとめますね。

足半を履くメリット

  1. 体幹が活性化し身体が柔軟になって動きがスムーズになる
  2. 歩く時の膝の角度が理想的になり、身体の負担が少なく歩くことができる
  3. 立った時の重心が変わり姿勢が変わる!かも
  4. 足元の血流が良くなり、足の冷え・むくみへの効果が期待できる

足半のデメリット

  1. 値段が高い
  2. 販売されてる物の中には正しい形ではないものがある
  3. 履き始めは慣れるまで足指が痛く、慣れるのに時間を要する
  4. 歩き方も慣れが必要

僕は、「古来の日本人が履いていたものってどんなものがあったのだろうか?」と興味があったので購入を決めました。
考えてみると、昔の日本人って60kgある米俵を女性一人で運んでいたんですよね。

職場でリハビリしているご高齢の女性も「昔は米一俵運んでたんだ〜」って言ってましたので間違いないです。
現代人では考えられませんよね。僕も60kgを担いで歩き回るなんでちょっと自信ないです笑。

それだけ、昔の日本人は「全身の力を効率よく、最大限に引き出す方法」を追求していたということですよね。
足半も先人の知恵の1つで、その知恵にあやからない理由はないです。

確かに靴をよりも楽に動くことができます。

先ほども言いましたが、お値段が高めなので決して無理には買わないでください。
ただ、デメリットを飲めるのであれば、足半の凄さを体感してみて欲しいと思っています。

最初は違和感があって心配になるかもしれませんが、徐々に慣れていくはずです。
繰り返しますが、これは本当に「衝撃的」な商品です。

足半全般を見ると、楽天市場での星は4以上。
そんな日本古来の履き物「足半」を、ぜひ試してみてください!

今回は以上です。
ありがとうございました。

※足半のご購入は下記リンクからも可能です。
先ほどご紹介した商品で、僕も使用している物ですので、形についてはご安心ください!
色違いも豊富にあるそうです!色違いをお求めの場合はこちらからどうぞ!

 


【お知らせ】