くどちんのリハビリ室 ~理学療法士による関節痛のケアブログ~

【チェックリストあり】首が痛い時は何科?ーこの症状の時は整形外科へ!

関節痛・肩こり 首の痛み

こんにちは、くどちんです。

「くび痛っ!!!!え、どうしよう、何科行けばいい?」
この記事ではこんなお悩みを解決していきます。

医学的な知識と僕の臨床経験を元に作成した「これらが当てはまるなら整形外科です!」というチェックリストを作成しましたので、参考にしてみて下さい!

この記事の信頼性

  • 僕は一般病院(複数の診療科目がある病院)と整形外科クリニックにて理学療法士として8年以上の臨床経験あり。
  • 8年間で述べ3万人以上という患者さんの治療に関わってきました。

【チェックリストあり】首が痛い時は何科?ーこの症状の時は整形外科へ!


では、早速「この症状であれば整形外科に行きましょう!」というものをリストアップしますね。

  1. 動かすと痛みが出る
  2. 首の後ろ・横または肩に近い部分が痛い
  3. 心当たりがあり「明らかに」寝違え
  4. 手や腕にしびれや感覚の鈍さがある
  5. しびれに加えて、脚の脱力感がある

これらの症状に当てはまるものがあれば、整形外科を受診した方が良いでしょう。

神経症状がある場合は早急な受診を強くオススメします【理由:その方が治癒が早いかもです】

リストの4と5が当てはまる場合は、なるべく早めに受診することをオススメします。

その理由は。4も5もいずれも「神経症状だから」です。

特に5番は緊急事態で「脊髄」が障害されている可能性があります。

すぐに整形外科のある病院へ行きましょう。

一概には言えませんが、神経症状の場合、一般的に①どれだけの障害度か?②障害されている期間はどのくらいか?という2つの要因が回復の速度に関わります。

そのため「どれだけ早く治療を始めるか?」という事がキーポイントとなるんです!

例え障害度が高くても、早めに治療を開始することで、いくらか回復度合いが良好かもしれません。

神経症状が疑われた場合は、早めの受診を検討しましょう!

障害が残ってからでは遅いですから・・・

チェックリストに当てはまらない場合は?【内科か耳鼻科です】

リストの症状と自分に表れている症状が全く合わなかったらどうすれば良いでしょうか?

もしかすると、整形外科ではないかもしれません。

それ以外の分野に関しては、正直専門外ですので、調べてみました。
すると「内科」「耳鼻科」のトラブルの可能性があるようです。

【内科】の場合・・・動かさなくても痛い、発熱がある、血圧が高くなっている
【耳鼻科】の場合・・・主に首の前(のど)や横(耳周り含む)に痛みがある。甲状腺や耳下腺・顎下線のトラブルの可能性

これらの当てはまる場合は、それぞれ適した診療科にいくと良いかもしれません!

すぐに受診に行けない場合はどうしたらいい?【患部に刺激を加えないよう注意】


もし、仕事や何らかの都合により、すぐに受診に行くことができない場合はどうすれば良いでしょうか?

まずオススメしたいのが「患部に刺激を入れないこと」です。
「安静」とも言い換えられます。

整形外科の分野に限って言えば、特に首を痛めた直後の場合は、患部で「炎症」が起こっている可能性が高いです。

炎症とは「身体を守るために起こる免疫反応」のことです。

(※炎症ってなに?という方はこちらで解説しています)

 

炎症への対処方法は「安静」が第一。

なるべく患部を刺激しないことが大切なので、すぐに受診に行けない!という場合は、痛みの出る動き・姿勢はなるべく取らないことを徹底して下さい。

もしかすると、それだけで症状が数日〜1週間かけて緩和するかもしれません。

それでも、基本は受診をオススメしますけどね?

【まとめ】早めの対応で早めの治癒を!


では、最後にまとめます。

もう一度「この症状だと整形外科かも!」というリストをご紹介します。

  1. 動かすと痛みが出る
  2. 首の後ろ・横または肩に近い部分が痛い
  3. 心当たりがあり「明らかに」寝違え
  4. 手や腕にしびれや感覚の鈍さがある
  5. しびれに加えて、脚の脱力感がある

この症状に当てはまらない場合は「内科」「耳鼻科」の可能性があります。

【内科】の場合・・・動かさなくても痛い、発熱がある、血圧が高くなっている
【耳鼻科】の場合・・・主に首の前(のど)や横(耳周り含む)に痛みがある。甲状腺や耳下腺・顎下線のトラブルの可能性

当てはまるものがあれば、それぞれの診療科を受診してみると良いでしょう。

それでも「判断できない!!」という場合は、まず整形外科に行って頂ければとりあえず大外れはないかなと思います。

もし整形外科の問題でなければ、担当医に相談してみましょう!
わかる範囲で指示をくれるかもしれません。

症状の出方は、人によって様々ですし、程度の感じ方も人それぞれなのでこの記事で100%をカバーするのは不可能です。
ですが、少しでもこの記事が判断の役に立っていれば幸いです。

お大事にして下さい。
でわ。


【お知らせ】
・無料メルマガをやってます!

2024年4月より無料メルマガ「【運動・栄養・睡眠】理学療法士くどちんによる身体を整え「快適な自分」になるための情報源〜心身再調律〜」を配信開始しています!

メルマガの詳細はこちらの記事をご覧ください。
【運動・栄養・睡眠や健康管理にまつわるお話に興味ある人向け】無料メルマガのご案内。

メルマガにご興味のある方は、こちらからご登録ください。メルマガが更新された時に通知を受けることができます!